送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2019年06月30日

Taka 浅田舞

6月25日、リンキン・パークの故・チェスター・ベニントンの妻である、タリンダのインスタグラムLIVEに、ONE OK ROCK(ワンオク)のボーカル・Takaが登場し注目を集めた。動画には、アメリカのシンガーソングライター・キアーラも同席していたという。

「キアーラは、映画『フォルトゥナの瞳』の主題歌にもなった『In the Stars』で、ワンオクとコラボレーションしている女性シンガーです。今回、キアーラも自身のインスタにプライベートの動画をアップしたのですが、鏡にTakaと疑われる男性と軽く抱き合っている姿が映りこみ話題に。それは外国ならではのスキンシップだと思われますが、一部ファンをザワつかせているようです」(芸能記者)

これにはファンの間で「キアーラ、Takaのこと好きなのかも」「2人ともお似合い! 付き合ってほしい」と、2人の関係は好意的に見られており、交際を希望する者も現れている。

しかしTakaには、まもなく別の女性と結婚する可能性が浮上しているようだ。

「Takaといえば過去、元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞と、お泊まりデートがスクープされました。そんな中、6月27日発売の『週刊新潮』によれば、2人の関係はまだ続いており、海外ツアーでも一緒なのだそう。さらに昨今、浅田はテレビ番組のレギュラーや、スケートイベントを次々と降板し話題となりましたが、それも結婚するためだと関係者が明かしています。彼女はマネージャーに対し『仕事を入れないで』と申し入れており、現在は休業状態とのことです」(前出・芸能記者)

テレビの仕事を辞めてまで、結婚に本気の浅田。はたして2人は、このまま順調にゴールインとなるのだろうか。
ラベル:Taka 浅田舞
posted by こばぴ at 10:10| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

久保建英

ボールを持てば何かやってくれそう──。今季のJ1リーグ、さらにエルサルバドル代表とのキリンチャレンジカップ(親善試合)、さらにコパ・アメリカのエクアドル戦で感じたことをひと言で表現するなら、こうなる。とにかく見ていて楽しいアタッカー、それが久保建英なのだ。
 
 久保の凄さを“DF目線”で分かりやすく説明してくれたのが、現日本代表で32歳の長友佑都である。
 
「なんていうか、ドラえもんみたい。引き出しが多すぎて、何を出すか分からない。本当に読めないよね。左利きの選手(久保はレフティ)って、止めやすいんですよ、僕は。左足でのクロスやカットインとか、外から中に仕掛けてくる相手には対応しやすい。でも、(久保)建英の場合は縦にも行ける持ち方をするので、中だけを切れない。あの持ち方は本当に。凄い才能ですよ」
 
 中にも縦にも行ける、言い換えればプレーの選択肢が豊富ということになる。対峙するDFからすれば、次の一手が読みにくいわけで「めちゃくちゃ嫌なタイプ」(長友)だ。
 
「ドリブルだけならいいけど、建英はパスもある。そのパスも視野的にゴールへとつながるところに出すから怖い。(飛び込もうにも)ボールが(久保の)真下にあるからね。その状態でキュンと緩急をつけたり、ボールを動かしたりするので(DFからすれば)厄介ですよ。緩急に加え、スピードもあって、ここにきてフィジカル的な部分も伸びてきた。久しぶりに化け物が出てきたって感じです」
 
 無暗に突っ込んだら簡単にかわされる。そういうイメージがあるから、長友にとって久保は「厄介」なのだろう。事実、長友はこの18歳のアタッカーを「最悪のプレーヤー」と評す。
 
「ドリブル一辺倒の選手だったらやりやすいですよ。そういう選手なら自分の間合いで勝負できる自信があって、絶対にやられない。ただ、建英みたいな選手は……。常に味方と“つながっている”からマークするのが難しい。中にいる味方へのパスコースを切ると、それを察知して縦に仕掛けられたり、縦を切ったら、今度は違うスペースを使われる。それって、最悪でしょ。相手からすれば、(久保は)最悪のプレーヤーですよ」

FC東京の試合ではセンターサークル付近からドリブルで仕掛ける場面が多かったが、久保は決してドリブラーではない。「ドリブルよりパスのほうが早いので」というサッカーの本質を突く本人のコメントからも分かるように、局面に応じてドリブルとパスを使い分けているのだ。
 
 エルサルバドル戦で見逃せなかったのは、73分のシーン。左サイドでふたり抜きをする前の、ドリブルでのボールの持ち方がなにより素晴らしかった。
 
 相手ふたりが寄せてきそうなタイミングで、久保は左足のアウトサイドでボールをこすりながら「パスも出せますよ」というスタンスでプレーしていた。当然ながら、パスも警戒する相手ふたりは中途半端なポジショニングとなり、結果、久保はふたりの間をドリブルで抜けて行った。
 
 この「パスも出せます」という意識を相手に刷り込ませたからこそのふたり抜きであって、そこに久保のインテリジェンスの高さが窺えた。中島翔哉との華麗なワンツーを決めたこともあり、エルサルバドル戦での活躍を「上々のA代表デビュー」と謳うメディアもあったが、その試合にCBとしてスタメン出場した昌子源の目には、久保が不完全燃焼のように映った。
 
「持っているクオリティを考えれば、おそらく満足していない。ここ1週間、あいつ(久保)のプレーや練習を見ていても(感じるが)、たぶん、もっとできたと思っているはず」
 
 いずれにしても、昌子も久保の才能は認めている。仮に久保と対峙した時、昌子はどう止めるのだろうか。そう質問したわけではないが、今回の代表活動を通して久保に以下のような印象を抱いている。
 
「建英がサイドにいるか、真ん中にいるかで、(対応は)まったく変わってくる。サイドにいれば、サイドバックに『抜かれてもいいから潰せ‼』と指示する。なぜなら、サイドバックが抜かれても、俺らセンターバックがいるから。でも、ずっとセンターバックのところ(真ん中)にいられて、あんな(ボールの)持ち方をされたら、俺らセンターバックは一発で行けない」

  あんな持ち方とは? 昌子は次のように説明する。
 
「抜いてシュートを打つわけではない。かわして打ってくる。自分のところに注目を集めておいて、ラストパスも出せる。ペナルティエリア内や近くにいられると、本当に困る。持ち方を含め、“なんでもできますよ”と言っているようなもんやし」

「なんでもできますよ」というゾーンに入られたら、久保を封じるのは困難だろう。それを承知している長友は、仮に久保と対峙した場合、「彼の間合いで絶対に戦ってはいけない」と言った。
 
「(久保を止めるには)やっぱり、自分の間合いで戦わないとですね。(インテル時代に)セリエAでは(ファン・ギジェルモ・)クアドラードや(モハメド・)サラー、スソといったワールドクラスと1対1で対峙した時も、それを心掛けました。自分の間合いに引き込むのは得意なので、そういう展開に持ち込みたい。彼の間合いでやられて、『長友、18歳に負ける』という屈辱的な状況になることだけは絶対に避けたい。意地でも。最悪、ファウルをしてでも止めたいです」
 
 「ファウルをしてでも」というのはある意味、久保へのリスペクトだ。セリエAやトルコ・リーグで数多くの猛者とやり合ってきた長友をしてそう言わしめる久保の才能は本物だろう。事実、エルサルバドル戦をベンチから見守っていた酒井宏樹もその“才能”を評価していた。
 
「すごく上に行ける才能というか、技術レベルは高い。みんながパッと見るだけで分かるぐらいの上手さがある。サッカーの技術って、才能のひとつだと思っているので、それ以外のファクターも伸ばして(世界の)トップに行ってくれればいい」
 
 コパ・アメリカでのプレーを見ても分かるように、久保の技術は一級品だ。チリ戦の12分に左サイドでエリク・プルガルを相手に決めた股抜きも高い技術の証明で、そのテクニックは本物だということを印象づけている。
 
 ビッグクラブでも活躍できるだろうポテンシャルを秘めているからこそ、「順調に育ってほしい」と願う長友は久保にこんなアドバイスを送る。
 
「今後、海外に出たら、監督のシステムに合わなかったりとか、壁に直面する。そこで彼が1ランク、2ランク、上に行くためにはパーソナリティ、メンタルの部分がすごく大事になってくる」
 
 才能だけではトップ・オブ・トップになれないということを、長友は言いたいのだろう。「サッカーはひとりでやるものじゃない」と酒井も話すように、“人とのつながり”も大事なのだ。ここでいう“人”とは監督であり、チームメイトなのだが、そういうものを味方につけて明るい未来を拓けるか。大きな成功を祈りつつ、見守りたい。
 

ラベル:久保建英
posted by こばぴ at 12:31| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

大原麗子

《女優・大原麗子 孤独死の真相》。突然の死からまもなく10年。女優・大原麗子さん(享年62)の波乱万丈の人生をこんなタイトルで振り返ったのは、6月20日に放送された『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、以下『シンソウ』)

 番組には大原さんが「姉」と慕った女優の浅丘ルリ子(78才)や、実弟である大原政光さんが登場し、「整形失敗」「中絶」「薬漬けの闘病」など生前の大原さんをめぐる衝撃の事実を明かした。

 だがこの番組には、生前の大原さんを最もよく知る女性が登場しなかった。大原さんが18才でデビューした翌年からマネジャーを務め、亡くなる直前まで寄り添い続けた元マネジャーの佐藤嘉余子さんである。

 本誌・女性セブンは『シンソウ』が放送される直前、佐藤さんから一通の手紙を受け取っていた。

《もうすぐ麗子さんが亡くなってから10年が経ちます》

 と書かれた文面には10年もの間、片時も大原さんを忘れることのなかった佐藤さんの思いの丈が綴られていた。

 番組放送後、女性セブンの取材に佐藤さんが重い口を開いた。

「放送は見ていませんが、多くの人から連絡があり、内容は把握しています。いろいろな思いが込み上げますが、私が言いたいのは、あの番組では触れられなかったことがあり、大原さんの“死の真相”を伝えきれていないということです」(佐藤さん)

 今明かされる大原さんの真実とは──。

◆「中絶」は仕事の都合だけではない

 1946年に生まれた大原さんは高校卒業後にデビュー。映画やドラマで華々しく活躍し、「すこし愛して、ながく愛して。」というキャッチコピーのウイスキーCMでも一世を風靡した。

 私生活では1973年に渡瀬恒彦さん(享年72)と結婚。5年後に離婚した。1980年には森進一(71才)と再婚したが、わずか4年で破局を迎えた。

『シンソウ』では、森との結婚の2年後、妊娠した大原さんが「お腹が大きくなると撮り直しになる」と女優業への支障を心配し、中絶したことを政光さんが明かした。

だが佐藤さんは「麗子さんが中絶した理由は仕事だけではないように思う」と話す。

「そもそも麗子さんが子供を欲しがったことはありませんでした。その理由は彼女の家族にあります。彼女は暴力的で浮気を繰り返していた父親との確執が大きく、“家族”によいイメージを持っていなかった。だからこそ家庭より仕事にこだわったんです。

 森さんとの子供を中絶したことの根の部分には、家族に対する不信感もあったのではないでしょうか」

 晩年、ギラン・バレー症候群や乳がん、うつ病に苦しんだという大原さんは、2009年8月6日に東京・世田谷区内の自宅で遺体となって見つかった。不整脈による脳内出血ですでに死後3日経過しており「孤独死」と騒がれた。

 公には彼女は、大原家の菩提寺である本覚山妙壽寺の墓に入ったとされる。だが佐藤さんは、「麗子さんにはもう1つお墓があるんです」と打ち明ける。

「お父さんと確執があった麗子さんは、森さんと離婚後に『大原ではなく、お母さんの旧姓の飯塚に戻したい』と強く希望し、家庭裁判所で手続きをして『飯塚麗子』になりました。彼女の死後、遺骨は確かに妙壽寺に納められましたが、実はお母さんが眠る都内の寺院でも供養されています」

 大原さんと母親を供養する寺院の住職が回想する。

「大原さんは小学生だった頃、お母さんに連れられてこの寺を訪れました。お母さんは家庭内暴力と浮気が原因で家を飛び出してきたばかり。当時は離婚した母娘が2人だけで生活するなんてことは考えられない時代でしたが、お母さんは覚悟を決められて『私と娘が死んだらここで一緒に弔ってほしい』と言いました。私どもはその約束を守り、共同供養塔で2人を弔っています。ここに大原さんの遺骨はありませんが、これからも母娘の位牌を供養していくつもりです」

※女性セブン2019年7月11日号
ラベル:大原麗子
posted by こばぴ at 07:47| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

山里亮太

“美女と野獣”として世間の注目を集めた、山ちゃんこと「南海キャンディーズ」山里亮太(42)と女優の蒼井優(33)の“衝撃婚”をめぐり、民放テレビ各局が仁義なき争奪戦を展開している。高視聴率間違いなしの披露宴中継を何としても自局で独占放送すべく、あの手この手を使って2人と関係者を口説いているという。中でも一歩リードしているのが、山里と関係の深い日本テレビだというが“ある問題”のせいで、2人が二の足を踏んでいるそうです

 あるテレビ関係者は「2人の披露宴中継が成立すれば、山ちゃんが所属する吉本興業全面協力のもと、一大バラエティーショーが繰り広げられることは確実です。高視聴率獲得も確実とあって、各局ともその放映権料に1億円超の額を提示しています」というから、一大特番だ。

 ちなみに、最近の主な芸能人の披露宴中継の視聴率は、2007年の陣内智則と藤原紀香が24・7%、10年の市川海老蔵と小林麻央さんは18・7%とかなり高い数字をマークしている。2組同様、山里とその芸人仲間たち、蒼井の女優仲間たちが列席すれば、これを上回る視聴率も考えられる。

 それだけに、各局が今月5日の結婚会見以降、壮絶な争奪戦を展開している。中でも「90%以上の確率で中継権をゲットする」といわれていたのが日テレだった。

「そもそも、現在の山里があるのは芸人として一時、落ち目だった彼を『スッキリ』の芸能ニュースコーナーの“天の声”に起用したことが大きい。山ちゃんにしたら日テレに恩義もある。それに、陣内・紀香と海老蔵・麻央さんの披露宴を独占放送したのも日テレ。披露宴中継のノウハウも持ってますからね」(制作会社関係者)

 そんな経緯から山里もノリ気になった。ところが、いざ制作スタッフとの顔合わせという段階になった途端、山里がいったん保留すると言いだしたという。

「なぜだか全くわからない。山里が所属する吉本も反対する理由などまったくありません。蒼井も日テレとは女優として良好な関係ですからね」(事情通)
 その後、日テレ側は山里から保留の理由を聞いて、納得するしかなかったという。

「実はあるジンクスが語り継がれているんです。それが“日テレで披露宴中継を行ったカップルは別れてしまう”というもの。これを山里がインターネットで知ってしまい、保留にしたようです」(放送作家)

 確かに陣内と藤原紀香は離婚、海老蔵と麻央さんは死別してしまった。

 ちなみに、過去の結婚披露宴中継で高視聴率を獲得した主な記録と放送局は、郷ひろみ・二谷友里恵(47・6%、フジテレビ)、森進一・森昌子(45・3%、日テレ)、渡辺徹・榊原郁恵(40・1%、日テレ)、神田正輝・松田聖子(34・9%、テレビ朝日)、三浦友和・山口百恵(30・3%、フジ)、古田敦也・中井美穂(26・2%、フジ)、小室哲哉・KEIKO(15・5%、TBS)、谷佳和・田村亮子(17・2%。日テレ)。

 このデータからも、日テレで放送したカップルに限っていえば、ジンクスがあてはまるのは森進一・森昌子が加わるくらいで、渡辺徹・榊原郁恵夫妻のようなおしどり夫婦もいる。

 あくまで最近の都市伝説のようなものとして、日テレは説得中だというが、山里と蒼井が別のテレビ局を選ぶ可能性もある。さて、どの局がゲットするか
ラベル:山里亮太
posted by こばぴ at 12:20| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

田中みな実

TBS退社から早5年、“ぶりっ子キャラ”を卒業すると“闇キャラ”として女性人気も確立してきた田中みな実。しかし最近は、自身も「ごくごく自然な姿」と語っているように、ぶりっ子でも闇キャラでもない30代女性のありのままの姿を見せているようだ。実際、彼女の言葉のひとつひとつが多くの共感・支持を得ており、番組に出演するたびにコメントがネットニュースになるほど。美容雑誌の表紙からドラマのベッドシーンまで、年追うごとに活躍の場を広げる今の“みんなのみな実”の魅力とは?

■ぶりっ子・闇キャラも引き出しの1つに、田中みな実の抜きん出た汎用性の高さ

 田中みな実(以降みな実)は1986年、NY生まれの帰国子女。ロンドンやサンフランシスコ在住経験もあり、英語はペラペラ。その語学力はテレビでも度々披露されている。2009年に青山学院大学卒業後、TBSに入社するといきなり“ぶりっ子キャラ”で圧倒的な存在感を示す。

 ただ、局アナ時代は年末恒例の『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)では一度もTOP10入りせず、逆に『週刊文春』の「嫌いな女子アナ」ランキングで上位の常連に。当時の「みんなのみな実」の“みんな”は一定数の男性であり、女性に嫌われる女子アナの代表格だったが、頭の回転の速さやアナウンス力には定評があった。

 バラエティ色が強い印象があるが、2014年にフリーに転身して以来、活躍の場を広げている。『ひるキュン』(TOKYO MX)で初の帯番組メインMC、雑誌『an・an』の“肘ブラ”ショット、ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)のベッドシーンなど、いずれも男女ともに好意的に迎えられた。

 また、ホームともいえるバラエティでも、“ぶりっ子”を要求されればすぐさま対応し、時には数年前の“闇キャラ”も自虐として繰り出すなど、タレントとしての汎用性の高さと抜群の安定感も見せている。

■“女に嫌われる女”代表格のみな実が女性誌に引っ張りだこ、自身も女性受け意識

 そんなみな実の最大の支持層は今や“女性”だ。あの指原莉乃も「大・大・大好き!」と公言しており、「そもそも顔ももちろん綺麗だけど、肌がとにかく綺麗で、近くで見たら本当に、本当に綺麗なんですよ!」と絶賛。

 並々ならぬ美意識の高さは学生時代からだったようで、飲み会では夜12時を過ぎると、一度トイレでメイクを落としてスキンケアしてから席に戻っていたというほど。今でも、毎朝美顔器しないと不安であり、ボディラインチェックのために家で水着で過ごす、ブラジャーは型崩れしないように必ず手洗い、バスト用クリームも塗るなど、徹底している。

 その努力が実ったのか、女性からの支持を受けはじめ、ファッション誌『美人百花』でランジェリー姿を披露すれば、美容誌『MAQUIA』では表紙を飾り、『美的』、『GINGER』でも連載を担当するなど、各女性誌で引っ張りだこ。SNSでも、「生まれ変わったら田中みな実になりたい」、「別格すぎる」といった女性からの称賛コメントであふれている。

 『MAQUIA』6月号では大胆なVラインの水着を披露しているが、彼女自身はラジオ番組で水着姿について、「テレビでは絶対にやらないし、男性誌でも基本的にやらない」としながら、「ファッション誌とかビューティー誌とかで、女性が見ていいなと思ってもらえるような感じのものだったら」と発言。

 かつては“みんなのみな実だから彼氏は作れない”と宣言していたが、先の『MAQUIA』では「“読者と美容を頑張るみんなのみな実”であることが目標!」とコメントしているように、ここにきて“みんな”が男性から女性へとシフトし、同世代女性の代表者としての自覚すら芽生えた感がある。

■「普段は地味でつまらない人間」だからこそ培った、桁外れのニーズ対応力
 各種メディアのインタビューなどによると、こうしたみな実の根底にあるのは、“相手が望む以上のことをやりたい”という気持ちであり、“仕事を120%の力でやり切れば、結果や世間の反応は気にしない”という男気をも持ち合わせているようなのだ。かつてのぶりっこキャラにしても、「制作スタッフの方が望んでいることに、会社員として応えるということは当然だと思う」と明かしている。

 実際、局アナ時代は、バレンタインデーが来ると業務用オーブンをレンタルし、担当番組スタッフ全員に配るクッキー300個を泣きながら作り、腱鞘炎になりながらメッセージカードを書いたというエピソードも持つ。プライベートでも、「彼氏に求められたら何でもやる」、「別れたくないから浮気も許す」、「夫に家庭に入ってほしいと言われたら仕事もすぐやめる」と断言しているように、みな実のニーズ対応力はもはや常軌を逸しているともいえそうだ。

 普段の自分については「地味でつまらない人間」という意識があるそうで、強い自我がないために「イメージは周囲が決めるもの」「そこに乗っかってみると新たな世界が広がる」と語っている。そういう意味では、周囲が求める“みんなのみな実”像をそのつど受け入れ、持ち前の男気ある対応力を発揮しているだけなのかもしれない。

 TBS時代に4年間出演した『サンデージャポン』を卒業する際は、あの西川史子も号泣し、『爆報!THE フライデー』でも共演していた爆笑問題のふたりも、「ふたつの番組でちゃんと(立ち位置を)使い分けていて、とても器用だった」と賛辞を贈っている。
 視聴者が知る“みんなのみな実”の影には、共演者もスタッフも認める地味で真面目なみな実が存在しているようだ。

 田中みな実は現在32歳。世間によって作られてきた自身のイメージが40代になったらどう変化するのか楽しみだという。かつての“ぶりっ子キャラ”では会社のニーズに応え、フリー転身後は“闇キャラ”を経て“女性の憧れ”として、変幻自在にキャラを使い分けながら世間のニーズに応えてきた。その桁外れのニーズ対応力を発揮し、“リアル・みんなのみな実”となる日は近いのかもしれない。
ラベル:田中みな実
posted by こばぴ at 12:58| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

アメトーーク 消滅の危機

 “闇営業”を巡り、吉本興業から所属芸人11人が謹慎処分を受けたことを受け、民放各局も対応に追われた。宮迫博之(49)がコンビ「雨上がり決死隊」として司会を務め、コンビ名の「アメ」がタイトルに入るテレビ朝日「アメトーーク!」は消滅の危機が浮上したそうです

 “闇営業”問題の発覚当初は静観ムードだったテレビ朝日。しかし、宮迫が14年に出席した忘年会で、詐欺グループの主犯とされる男の妻に「『アメトーーク!』っていう番組やってまして。ぜひ招待したい」と約束していたことが今月13日、週刊誌報道で発覚。その後の20日放送では4社が同番組のCMを取り下げ、ACジャパンの広告に差し替わった。

 不信感がくすぶっていた中、追い打ちをかけるように発覚した宮迫のウソ。「ギャラをもらっていない」としていた主張が覆ったことで同局はこの日、宮迫ら謹慎処分を受けた芸人の出演見合わせを発表した。

 同局広報は「収録済みのものについては対応を慎重に検討しております」としたが、同局関係者は「看板番組の一つ『アメトーーク!』でも、存続にかかわる議論は避けられない」と指摘する。

 深夜枠の番組にもかかわらず、09年7月には視聴率15・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。平均でも10%超えをマークする人気番組で週に2回放送した時期もある。「テレビ朝日としても守りたいコンテンツではある」と関係者。しかし、既にCMの差し替えに発展している中「詐欺グループから金銭を受け取っていた事実はイメージが悪過ぎる」との声が同局内でも上がり始めた。

 民放関係者は「宮迫さんの謹慎中は蛍原(徹)さんとともに宮迫さんの代役がMCを務めるのでは」とみる。一方で「スポンサーや視聴者の反応が良くないようならタイトルの変更やリニューアルも視野に入ってくるだろう」と“消滅の危機”を指摘する。

 宮迫について芸能関係者は「最近はほとんど眠れていないみたいで、憔悴(しょうすい)し切っていると聞く」という。ウソの代償は計り知れないものになりそうだ。
posted by こばぴ at 13:24| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

セブン おにぎりの包装

コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパンは、7月中にも、おにぎり全品の包装を、サトウキビを原料に配合した「バイオマスプラスチック」と呼ばれる素材に切り替える。石油由来の素材を減らしてプラスチックの使用量を減らす狙いのようです

 大手コンビニが主力商品で環境対応を進めることで、脱プラスチックの流れに弾みがつきそうだ。

 セブンは、全国約2万1000の店舗で、年間に約23億個近いおにぎりを販売している。包装の切り替えにより、プラスチックの使用量を約260トン、二酸化炭素(CO2)の排出量を約400トン、それぞれ削減できるという。

 海洋汚染を引き起こすプラスチックごみ(廃プラ)の削減が社会的な課題になる中、セブンはすでに、回収したすべてのペットボトルを再利用する取り組みを始めている。

 ほかのコンビニ各社でも、脱プラスチックの動きが広がっている。ファミリーマートは、サラダ容器の一部でバイオマスプラスチックを使っている。ローソンは今夏までに、コーヒーマシンで提供するアイスコーヒーの容器を紙製に切り替える予定だ。
posted by こばぴ at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

石原さとみ

日本中を驚かせた「南海キャンディーズ」の山里亮太&蒼井優の電撃入籍に触発されたのかもしれない。女優の石原さとみ(32)が、年内に入籍を発表するのではないか!?との情報がテレビ界に飛び交っている。お相手は、かねて交際が伝えられていた動画配信サービス「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)だ。昨年末には破局説も流れた2人だが、一転しての結婚という話になった背景は 

 石原といえば、東京2020聖火リレー公式アンバサダーを務め、7月からはTBS系火曜ドラマ「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」で主役を演じるなど“超”が付くほど多忙だ。なのに、年内にも入籍とは、にわかには信じがたいが…。

 そもそもこの2人の交際が発覚したのは、昨年4月末の沖縄へのお忍び旅行。ホテルの深夜のプールサイドでラブラブな2人の写真がキャッチされたのだ。ある芸能関係者は「石原が前田さんと付き合う前に交際していたのが山下智久で、山下との恋愛相談を前田さんにしていたことで急接近したといわれてます」。

 順調に愛を育んでいると思われた2人だったが、突如、今年初めに破局説が浮上した。前田氏が年越しにハワイ旅行をしているときに、石原は日本に滞在していたことから流された話のようだ。

 ある芸能プロ関係者は「あまりに忙しい2人のため、すれ違いから別れを決めたというんですが、この情報元は、石原が女優として今が旬なので、なんとか結婚を阻止したいとする取り巻きからのリークと言われています。だが、真実は180度違う。2人は周囲の監視をかいくぐり愛を育んでいたんです」。

 そんな破局説もあっという間に一蹴され、結婚へ向かって着実に進んでいるとも言われている。

「前田社長は石原の両親にあいさつを済ませている。同社長は両親が他界しているため、ゴールインは見えたも同然。しかも石原は、結婚しても仕事は続ける気だ、なんて話まで出てきていて、さすがに周囲も認めざるを得ないムードになってきたっていう話なんです」とは、あるテレビ局関係者。

 さらに、結婚発表の時期など具体的な話が進んでいるという。

「結局のところ最有力視されているのが、石原が33歳の誕生日を迎える12月24日。まさにクリスマスイブに発表しようと根回しをしているなんて話まで出ている」(同関係者)

 年の瀬のゴールインが、十分にありそうなムードだが、違った見方をしているのがあるキー局編成マンだ。

「まだ決定ではないんですが、実は石原には来年4月にも某局で主演ドラマの話があるんです。でも、もし結婚するのであれば状況が変わってしまう。最悪の場合、石原が『ちょっと落ち着きたいから』とオファーを断ってしまう可能性すらある。なので、ドラマ関係者が本当に結婚するのか探りを入れるために、観測気球を上げたのではないか。それがいつのまにか、『誕生日に入籍する』となったのかもしれません」

 石原の結婚をめぐっては、昨年も「誕生日に入籍する」という情報が駆け巡ったことがあったが、このときも利害関係者による観測気球的な噂だったという。

 果たして、年末におめでたい話は聞けるのだろうか。
ラベル:石原さとみ
posted by こばぴ at 13:30| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

柊瑠美

映画『千と千尋の神隠し』(2001年)で主人公、荻野千尋の声を務めた女優・柊瑠美(31)が22日、自身のブログを更新。昨年末にかねてより交際していた同い年の男性と結婚したことを報告したそうです

おめでとうございます

 ブログ冒頭で近況を伝えた柊は「1つ大きなご報告があります」と切り出すと「私事ではございますが、昨年末、兼ねてよりお付き合いしていた方と結婚いたしました」と発表。

 お相手については「同い年の学生時代に知り合った方です。誠実で仕事熱心な方で、どんな時も笑顔にしてくれる優しさを持ったこの方となら温かい家庭を築くことができると思い、この度結婚の運びとなりました」と紹介した。

 続けて「4月末には親戚や近しい友人に見守られ結婚式を執り行うこともできました」と明かし「かわらずお仕事に対しても一つ一つ真面目に一生懸命に向き合っていきたいと思っておりますので、温かく見守っていただければ嬉しいです」とメッセージ。最後は「今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!」と結んだ。

 柊は、6歳から子役として活動、CM・テレビ・映画に多数出演。1999年のNHK朝の連続テレビ小説『すずらん』ヒロインの少女時代を演じた。01年には映画『千と千尋の神隠し』で主人公、荻野千尋の声を担当。05年には『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ)出演後、学業に専念。その後『ニャンちゅうワールド放送局』で3代目お姉さんを務めるなど、幅広く活躍する。
ラベル:柊瑠美
posted by こばぴ at 14:07| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

川崎希 東京オリンピック

タレントの川崎希さんが6月20日、約113万円分を申し込んでいた東京オリンピックのチケット抽選結果をブログで報告したようです

113万円分ってあらためてスゴいな

 夫でモデルのアレクサンダーさんとともに、開会式やサッカー、陸上、水泳、体操、テニスなどのチケット、合計113万4400円分を申し込んでいた川崎さん。アレクさんのもとには全種目の落選を知らせるメールが届いたそうですが、川崎さんは「私のはメールが来なくてダメ元で公式サイトログインの列に並び続けてみることに」とオフィシャルサイトで抽選結果を調べることに。

 「もう3時間待ってもログインできず おちびーぬ(息子)もしょんぼり」と家族そろって落ち込みながら待ち続け、ようやく待ちに待った結果発表。「落選」「また落選」と落選の文字が並ぶ画面を掲載しましたが、「一番下にあるやつととと当選!?」と8月3日にオリンピックスタジアムで行われる陸上競技に見事当選したことを報告。川崎さんは、「なんと陸上決勝がA席で当選できてた〜 やばい これは大変だ!! くじ運ないから心配してたけどチケット一部門だけ当選できたよ〜 やっぴ〜」と喜びを爆発させています。113万円分も申し込んで一種目なのか……!

 川崎さん、アレクさん夫婦以外にも、芸能界からはチケット抽選結果に歓喜と悲鳴が。元HKT48の指原莉乃さん、タレントのベッキーさん、元プロ棋士の加藤一二三さんらは大喜びで当選を報告した一方で、プロ棋士の羽生善治さん一家、声優の加藤英美里さん、お笑いコンビ「東京ダイナマイト」のハチミツ二郎さんは、SNSを通して全種目に落選したことを明かしていました。令和最初の運試しだ。
posted by こばぴ at 09:08| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする