送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2019年06月29日

久保建英

ボールを持てば何かやってくれそう──。今季のJ1リーグ、さらにエルサルバドル代表とのキリンチャレンジカップ(親善試合)、さらにコパ・アメリカのエクアドル戦で感じたことをひと言で表現するなら、こうなる。とにかく見ていて楽しいアタッカー、それが久保建英なのだ。
 
 久保の凄さを“DF目線”で分かりやすく説明してくれたのが、現日本代表で32歳の長友佑都である。
 
「なんていうか、ドラえもんみたい。引き出しが多すぎて、何を出すか分からない。本当に読めないよね。左利きの選手(久保はレフティ)って、止めやすいんですよ、僕は。左足でのクロスやカットインとか、外から中に仕掛けてくる相手には対応しやすい。でも、(久保)建英の場合は縦にも行ける持ち方をするので、中だけを切れない。あの持ち方は本当に。凄い才能ですよ」
 
 中にも縦にも行ける、言い換えればプレーの選択肢が豊富ということになる。対峙するDFからすれば、次の一手が読みにくいわけで「めちゃくちゃ嫌なタイプ」(長友)だ。
 
「ドリブルだけならいいけど、建英はパスもある。そのパスも視野的にゴールへとつながるところに出すから怖い。(飛び込もうにも)ボールが(久保の)真下にあるからね。その状態でキュンと緩急をつけたり、ボールを動かしたりするので(DFからすれば)厄介ですよ。緩急に加え、スピードもあって、ここにきてフィジカル的な部分も伸びてきた。久しぶりに化け物が出てきたって感じです」
 
 無暗に突っ込んだら簡単にかわされる。そういうイメージがあるから、長友にとって久保は「厄介」なのだろう。事実、長友はこの18歳のアタッカーを「最悪のプレーヤー」と評す。
 
「ドリブル一辺倒の選手だったらやりやすいですよ。そういう選手なら自分の間合いで勝負できる自信があって、絶対にやられない。ただ、建英みたいな選手は……。常に味方と“つながっている”からマークするのが難しい。中にいる味方へのパスコースを切ると、それを察知して縦に仕掛けられたり、縦を切ったら、今度は違うスペースを使われる。それって、最悪でしょ。相手からすれば、(久保は)最悪のプレーヤーですよ」

FC東京の試合ではセンターサークル付近からドリブルで仕掛ける場面が多かったが、久保は決してドリブラーではない。「ドリブルよりパスのほうが早いので」というサッカーの本質を突く本人のコメントからも分かるように、局面に応じてドリブルとパスを使い分けているのだ。
 
 エルサルバドル戦で見逃せなかったのは、73分のシーン。左サイドでふたり抜きをする前の、ドリブルでのボールの持ち方がなにより素晴らしかった。
 
 相手ふたりが寄せてきそうなタイミングで、久保は左足のアウトサイドでボールをこすりながら「パスも出せますよ」というスタンスでプレーしていた。当然ながら、パスも警戒する相手ふたりは中途半端なポジショニングとなり、結果、久保はふたりの間をドリブルで抜けて行った。
 
 この「パスも出せます」という意識を相手に刷り込ませたからこそのふたり抜きであって、そこに久保のインテリジェンスの高さが窺えた。中島翔哉との華麗なワンツーを決めたこともあり、エルサルバドル戦での活躍を「上々のA代表デビュー」と謳うメディアもあったが、その試合にCBとしてスタメン出場した昌子源の目には、久保が不完全燃焼のように映った。
 
「持っているクオリティを考えれば、おそらく満足していない。ここ1週間、あいつ(久保)のプレーや練習を見ていても(感じるが)、たぶん、もっとできたと思っているはず」
 
 いずれにしても、昌子も久保の才能は認めている。仮に久保と対峙した時、昌子はどう止めるのだろうか。そう質問したわけではないが、今回の代表活動を通して久保に以下のような印象を抱いている。
 
「建英がサイドにいるか、真ん中にいるかで、(対応は)まったく変わってくる。サイドにいれば、サイドバックに『抜かれてもいいから潰せ‼』と指示する。なぜなら、サイドバックが抜かれても、俺らセンターバックがいるから。でも、ずっとセンターバックのところ(真ん中)にいられて、あんな(ボールの)持ち方をされたら、俺らセンターバックは一発で行けない」

  あんな持ち方とは? 昌子は次のように説明する。
 
「抜いてシュートを打つわけではない。かわして打ってくる。自分のところに注目を集めておいて、ラストパスも出せる。ペナルティエリア内や近くにいられると、本当に困る。持ち方を含め、“なんでもできますよ”と言っているようなもんやし」

「なんでもできますよ」というゾーンに入られたら、久保を封じるのは困難だろう。それを承知している長友は、仮に久保と対峙した場合、「彼の間合いで絶対に戦ってはいけない」と言った。
 
「(久保を止めるには)やっぱり、自分の間合いで戦わないとですね。(インテル時代に)セリエAでは(ファン・ギジェルモ・)クアドラードや(モハメド・)サラー、スソといったワールドクラスと1対1で対峙した時も、それを心掛けました。自分の間合いに引き込むのは得意なので、そういう展開に持ち込みたい。彼の間合いでやられて、『長友、18歳に負ける』という屈辱的な状況になることだけは絶対に避けたい。意地でも。最悪、ファウルをしてでも止めたいです」
 
 「ファウルをしてでも」というのはある意味、久保へのリスペクトだ。セリエAやトルコ・リーグで数多くの猛者とやり合ってきた長友をしてそう言わしめる久保の才能は本物だろう。事実、エルサルバドル戦をベンチから見守っていた酒井宏樹もその“才能”を評価していた。
 
「すごく上に行ける才能というか、技術レベルは高い。みんながパッと見るだけで分かるぐらいの上手さがある。サッカーの技術って、才能のひとつだと思っているので、それ以外のファクターも伸ばして(世界の)トップに行ってくれればいい」
 
 コパ・アメリカでのプレーを見ても分かるように、久保の技術は一級品だ。チリ戦の12分に左サイドでエリク・プルガルを相手に決めた股抜きも高い技術の証明で、そのテクニックは本物だということを印象づけている。
 
 ビッグクラブでも活躍できるだろうポテンシャルを秘めているからこそ、「順調に育ってほしい」と願う長友は久保にこんなアドバイスを送る。
 
「今後、海外に出たら、監督のシステムに合わなかったりとか、壁に直面する。そこで彼が1ランク、2ランク、上に行くためにはパーソナリティ、メンタルの部分がすごく大事になってくる」
 
 才能だけではトップ・オブ・トップになれないということを、長友は言いたいのだろう。「サッカーはひとりでやるものじゃない」と酒井も話すように、“人とのつながり”も大事なのだ。ここでいう“人”とは監督であり、チームメイトなのだが、そういうものを味方につけて明るい未来を拓けるか。大きな成功を祈りつつ、見守りたい。
 

ラベル:久保建英
posted by こばぴ at 12:31| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする