送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2019年07月30日

一色紗英

女優の一色紗英(42)が、江崎グリコ「プリッツ」の新CMで10年ぶりにCMに出演することがわかった。同商品の10年ぶりの大リニューアルにあたり主婦役で起用され、変わらぬチャーミングさと三児の子育てを経験した母親らしさを見せたようです

 1990年代前半に「三井のリハウス」や「ポカリスエット」のCMに出演し、その美少女ぶりで一世を風靡(ふうび)した一色。女優・モデルとしての活動を経て自身のファッションブランドを立ち上げると、2002年に実業家の男性と結婚、同年に長女、04年に次女、06年に長男を出産した。

 今回が久しぶりのCM撮影ということで、「上手くお芝居できるかなぁ」と不安を漏らし、やや緊張の面持ちで現場入りした一色だったが、息子役の遙灯(はると)くんのかわいらしい自己紹介を受けて、やさしくハグを交わすと、すっかり表情がリラックス。仲良く絵コンテを見ながら、「ここはこうするんだって」「このシーンで一緒だね」などと言葉を交わし、監督の説明を受ける母子のツーショットに、現場の空気が早くも和んだ。

 夫役の俳優とチャーミングなやり取りを繰り広げるシーンでは、夫から華麗な動きで逃れたかと思うと、今度は一転して「あーん」と笑顔で口を開けながらやさしく差し出すなど、夫婦の掛け合いはほぼ一色のアドリブで進行。「これはさすがに遊び過ぎだよね(笑)」とスタッフの笑いを誘う一幕もあったという。

 このCMは一色だけではなく、監督・カメラマン・美術デザイナー・スタイリストなど、広告に携わる制作チームを、結婚や出産などでしばらく現場から離れていたメンバーで構成された。制作陣が久しぶりに夢中になれる機会とすることで、じぶん時間を応援する「プリッツ」のメッセージを表現。撮影後には「久々に現場のライブ感を体験して、ワクワクする感じを思い出しました」と充実感に満ちた表情で語り合っていた。

 撮影を終えた一色は「不安もありましたが、監督をはじめ、私と同じように現場を離れていた方が多かったので、緊張感がありながらも自然とリラックスできて、あまり違和感はなかったような気がします」と充実感たっぷり。自身の子供は上二人が高校生、一番下も中学生のため「CMの内容とプライベートが重なる部分はあまりなかったですけど、休憩中、小さい子供が『ママ〜』と甘えているのを見ていて、懐かしいなと思いました」と笑顔を浮かべた。

 8月1日から「夢中時間」篇、同8日から「夢中時間アルバム」篇がオンエア。ウェブサイトでは動画「なぜプリッツはおひさしぶりのスタッフを集めて CM を作ったのか」篇が公開。

――「プリッツ」のCM 出演オファーを聞いた時、率直にどう思いましたか?

最初は「どうして私なんだろう?」と思いましたが、おひさしプリッツのコンセプトを読んで、なるほど、これはご縁だなということで、受けさせていただきました。実は、ちょうど今回のお話をいただいた当日、ちょっと不思議なことがあったんですよ。アメリカから日本に帰国して、サッカーチームに所属している息子が最近、コンビニでお菓子を買うという行為を覚えまして。家に帰ってくると、置きっぱなしのバックを私が片付けることがあるんですけど、その中から、緑のサラダ味の「プリッツ」が出てきて、「オーッ!」となりました。あ、食べてる!あまりにもタイムリーだったので、思わずクスッとしてしまいました(笑)。

――CM撮影は何年ぶりですか?

どれぐらいぶりでしょう。たぶん10 数年前に出て、その前もたしか10 年ぐらいブランクがあったと思うので、かなり久しぶりですね。(CM出演は2009年以来、10年ぶり)

――今回のCMのために現場復帰した“おひさしぶりスタッフ”との撮影はいかがでしたか?

久々の撮影で、不安もありましたが、監督をはじめ、私と同じように現場を離れていた方が多かったので、緊張感がありながらも自然とリラックスできて、あまり違和感はなかったような気がします。スタッフの皆さんも謙虚な方が多く、お互いに歩み寄りながら、様子をうかがいながら、探りながらという感じも新鮮で、とても面白かったです。

――CMでは旦那さんの手を久しぶりに握ったり、昔のアルバムをめくるシーンがありましたが、一色さんの日常と重なるところはありましたか?

うちはもう子供が大きくて、上の二人が高校生で、一番下が中学生なので、CM の内容とプライベートが重なる部分はあまりなかったですけど、休憩中、小さい子供が「ママ〜」と甘えているのを見ていて、懐かしいなと思いました。

――じぶん時間に「プリッツ」を食べながら没頭したいことは?

子育てが多少落ち着いたとはいえ、サッカーチームの送り迎えとか、お弁当とか、まだまだめまぐるしい日々なので、「プリッツ」を食べる時は“無”に没頭したいですね。普段からけっこうせっかちで、アクティブに動く方なんですけど、最近、陶芸を始めて、静と動のバランスで、心を鎮める方もすごく大事なんだなと実感しています。うちは3 人とも年子なので、今もずっと階段を駆け上がっているような感覚なので、そういう時間も貴重というか。でも、子育ては限りがあるし、ちょうど末っ子が今にも声変わりしそうな時期なんですけど、自立するまでは最後のひと踏ん張りで、子育てに没頭したいと思います。雪山とか、自分の時間はまたそこからでも作れますからね。

――「もう一度、夢中になろう」というメッセージにかけて、もう一度夢中になりたいことは?

昔から自然の中で体を動かすことが大好きで、10代の頃は、ずっとスノーボードをやっていました。それから子供を早く授かったこともあって、しばらく雪山から離れていたんですけど、最近下の子が、一緒に滑れるようになってきたので、バックカントリーを始めたんです。体力的に割とハードですけど、ゲレンデじゃないところを、自らの足で登って、スノーシューで滑るというのは、達成感もそうですし、リフトでは味わえない眺めとか、自然の地形を重力のままに滑っていく感覚とか、最高に楽しいですね。それをまた本格的に再開して、もう一度夢中になりたいと思います。

――3人の子育てをしながら、じぶん時間をどのように確保していますか?

周りのサポートがあれば確保できるかもしれませんが、働いているお母さんは自分の時間を持つのが本当に難しいと思います。ただ、子育てにもいつか終わりが来ると思い、私は限りある子育て期間を自分の時間として受け入れるようにしていました。とはいえ、1人目を産んだ時は初めてのことばかりで、自分の時間があまりなくて。3人目でようやく理想の子育てができて、自分の時間も持つことができるようになりました。CMのような映像作品にかかわるのはとてもクリエーティブな経験でしたが、やっぱり子育てが一番自分を投影できるというか、自分自身を成長させてもらえるような気がします。子育ては私にとって、本当にクリエーティブな時間なので、今はこうしたつつがない日常に感謝です。

――CMをご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

今回、「プリッツ」で10数年ぶりにCMに出演させていただくこととなりました。「プリッツ」も10年ぶりに大リニューアルしたということで、皆さんも旨みの増した新しい「プリッツ」をぜひ味わってみてください!
ラベル:一色紗英
posted by こばぴ at 18:07| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする