送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2019年07月13日

超特盛

吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2019年3〜5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円となり、1億7800万円の赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。牛丼の新サイズの「超特盛」が想定以上にヒットし、客単価の引き上げに成功した形だ

 吉野家は3月、看板商品の牛丼で1991年に「特盛」を始めて以来28年ぶりに新しいサイズとなる超特盛と「小盛」を導入した。肉の量は超特盛が「大盛」の2倍、小盛は「並盛」の4分の3となる。

 超特盛は税込み価格で並盛より400円高い780円だが、発売後1カ月で100万食を達成した。吉野家の広報担当者は「創業120周年の目玉商品として投入したが、ここまでヒットすると思わなかった」と話す。

 さらに5月から提供を始めた「ライザップ牛サラダ」(税込み540円)も好調だという。食べ応えを求める若年層を狙った超特盛と、健康志向の中高年層や女性らを狙ったライザップ牛サラダや小盛を投入する「二兎を追う」戦略が奏功した。

 超特盛とライザップ牛サラダについては、顧客層の拡大に加え、客単価の向上にも寄与した。これまでの吉野家の課題は「牛丼の並盛しか頼まない客が多い」(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)ことにあった。定食やセットメニューをそろえる他の牛丼チェーンに比べ、メニューにバラエティーが乏しかった。

 超大盛には現場のオペレーションが変わらないという利点もある。メニューを増やせば新たな顧客を呼び込める可能性はあるが、一方でオペレーションが複雑になる。人手不足による人件費上昇が外食企業の大きな問題になる中で、さらに従業員を増やすのは簡単ではない。

 その打開策が、コメの量が大盛や特盛と同じで肉の量が大盛の2倍の超特盛だ。現場の従業員に大きな負担をかけずにメニューの幅を増やすことを実現。客単価もアップした。

 原材料費や人件費の高騰にいかに対応するかは、外食業界に共通の悩みだ。対応策として値上げをする企業も増えているが、単純な値上げは客離れを引き起こしかねない。鮫島氏は「客単価を上げることは大切だが、値上げはその一手段にすぎない」と話す。

 さらに10月には消費税率の10%への引き上げが控える。そんな中、超特盛で業績回復を果たした吉野家の手法には、他の企業が参考にできる部分もありそうだ
ラベル:超特盛
posted by こばぴ at 16:26| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

オムレツメーカー

ベテランもビギナーもキレイに作れる

料理がオムレツの形に仕上がっちゃう


posted by こばぴ at 13:15| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

2018年08月29日

なんでんかんでん

博多ラーメンブームの火付け役「なんでんかんでん」の川原ひろし氏が来月初旬、閉店から6年ぶりに東京・高円寺で店を“復活”させることがわかった。

 東京・世田谷区羽根木の環状7号線沿いにあった同店は、2012年11月6日にファンに惜しまれながら27年の歴史に幕を閉じた。復活開店する新店舗は、JR高円寺駅南口の商店街入り口で立地条件は抜群だ。

 川原氏を直撃すると「自社のスープ工場を構えることができた。これで全国にフランチャイズ展開できる環境が整った。なんでんかんでんのラーメンを知らない若い人にも食べてもらいたい」と力強く語った。同地域周辺は都内のラーメン激戦区で、川原氏といえども知名度だけで生き残れるかは不透明。秘策はあるのか。

「お客さんに本当の“おもてなし”ができる店にしたい。スープの味だけにこだわらず、接客を重視し、従業員に指導していく」(川原氏)

 川原氏は昨年3月に放送された人気番組「しくじり先生」(テレビ朝日系)に出演。最終的に閉店した理由を「1日300杯が限界なのに1200杯のラーメンを出していた。単純計算でいくと、4倍(スープを)薄めていた」と衝撃告白。ネット上では「笑えない!」「ひどすぎる!」と猛批判を浴びた。だが、その真意を川原氏は「しくじり先生では、テロップで『4倍薄めていた』と流れたけど本当は違う。実際は『多少スープが薄くなった時はお金を取らずに食べてもらっていた』と言っていたんです」と説明した。

 ラーメン専門店は、全国で年間数千軒の店が開業されるが、そのほとんどが廃業に追い込まれているのが実情だ。

 川原氏は「店の味がおいしいとか、場所がいいとかで儲かる時代は終わった。現実はどの店も厳しい」。2度目のしくじりは許されない川原氏の生き残りを懸けた勝負が再び始まる。
posted by こばぴ at 19:07| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

夜マック

マクドナルドの新サービス「夜マック」が好調だ。午後5時以降にハンバーガー類を注文する際、さらに100円を払えばパティ(肉)の量が2倍になるというもの。2017年6月に東海エリアで試験導入したところ好評で、18年3月に全国展開して夜間の売り上げアップに寄与している

 日本マクドナルドホールディングス(HD)によると、夜マックを投入した3月の既存店売上高は前年同月比10%増。客単価も同6.2%増と、この月は右肩上がりが続く同社の売り上げの中でも大きく伸長。同社の担当者も「夜間の売り上げを伸ばした夜マックの影響が大きい」とみているそうです

●ボリューム感アップで夕食用に

 Twitterでも「仕事帰りに買った」「飯テロ(夜間に食欲をそそる画像をネットに上げること)だ!」などと盛り上がっている夜マック。ただ、ヒットの背景には単なる話題作りというより、マクドナルド側の深い戦略があるようだ。

 「これまでハンバーガーは夕飯に食べるにはボリュームに欠けていると思われていた。パティを倍にすることで夕飯の選択肢に入れてもらいたかった」。日本マクドナルドHDの担当者は夜マック導入の背景をこう語る。

 同社によると、これまでマクドナルドが主に利用される時間は「朝マック」の朝食と昼食。比較的低かった夜間の売り上げアップに夜マックが貢献したことになる。

 通常のハンバーガー類よりパティが倍になった分、当然カロリーも高め。「ガッツリ肉を食べたい」ニーズは何となく男性に集中しそうな気もするが、同社によるとユーザーの約4割は女性。「女性もボリュームのある商品を意外と好むようだ。分かりやすいお得感が幅広く受けている」(同社の担当者)。今後もレギュラーメニューにしていくという。

●無理なく客単価アップに寄与

 一方、ユーザー側のメリットだけでなく店側にとっても合理的な施策と評価する声も。外食産業に詳しいいちよし経済研究所の主席研究員、鮫島誠一郎さんは夜マックについて夜間の売り上げアップ以外にも2点のメリットを指摘する。

 1つ目は、「全く新しい商品の導入ではなかった」こと。「既存のパティを倍にしただけ。店員のオペレーションも楽で店側の負担増が少ない」(鮫島さん)

 鮫島さんによると、マクドナルドでかつて単品価格が1000円の高級ハンバーガーが販売された際には、人気が出たため店舗によっては少しオペレーションが混乱していた印象もあったという。「今回は現場も混乱していないと思う」(鮫島さん)

 しかも、これが新商品であれば店舗によっては売れず廃棄ロスが発生する。しかし「夜マックは既存のパティを使っているだけなので、別に捨てる必要はない」(鮫島さん)

 もう1つのメリットは客単価の上昇。「飲食・食品業界はどうやって値上げして単価を上げるかに知恵を絞っている。食品メーカーなら価格は据え置きで商品の分量を減らす『なんちゃって値上げ』を行う。しかし、夜マックの100円値上げなら(そういった手段を取らずに)客単価を上げることができる」(鮫島さん)

 ハンバーガー類にチリソースなどの追加トッピングを用意し、「自分だけの味わいが合計1124通りも楽しめる」とうたう「裏メニュー」サービスも打ち出しているマクドナルド。こちらも完全な新商品という形を取らず、店のオペレーションに負荷をかけず客に売り込む戦略といえる。マクドナルドの柔軟な商品戦略に注目が集まる。
ラベル:夜マック
posted by こばぴ at 22:03| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

コカ・コーラ クリア

コカ・コーラシステムは6月11日、透明な炭酸飲料「コカ・コーラ クリア」を全国発売します。強い炭酸とレモンの風味を、ゼロカロリーで楽しめる飲料です

 「コカ・コーラ」はカラメルを使った独特の液色が特徴ですが、「コカ・コーラ クリア」は透明にするためカラメルを使っていません。さまざまな原材料、フレーバーを吟味して調整と試飲を重ね、50種類以上のサンプルを作り、最終的にはレモン果汁を加えて開発。パッケージも赤を基調にしながら透明素材を採用し、液色から全体が無色透明の商品となっています。

 コカ・コーラブランド製品は通常すべて米国本社で製品開発されますが、今回の商品は「コカ・コーラ プラス」(2017年3月発売)や「コカ・コーラ フローズン レモン」(2018年4月発売)と同様、日本向けに国内で企画し、米国本社で開発しました。メーカー希望小売価格は500mlサイズで140円(税別)です。
posted by こばぴ at 21:51| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

カップ麺の液体スープなぜ後入れ

最近のカップ麺はバカにできない。お湯を入れて3〜5分、お手軽にできあがるその味は、下手なお店に負けないことも。

ある日、いつものように液体スープの袋をふたの上に乗せて、タイマーが鳴るのを待つうち、ふと思った。

「液体スープって、だいたい3分経ってから最後に入れるけど......先に入れちゃまずいの?」

「別にいつ入れてもええんちゃうの...」

比較的「お高め」の製品では、スープは小袋で別添えになっている。粉末スープはお湯を入れる前に「かやく」と一緒に投入するもの、あるいは食べる直前に投入するもの、とバラつきがあるが、「液体スープ」はほぼ例外なく直前だ。

いったいなぜなのか。同じ疑問を持つ人は、少なからずいるようだ。5ちゃんねるの「なんでも実況J」掲示板に立ったスレッド(2018年4月17日)を見ると、

「別にいつ入れてもええんちゃうの...」「先に入れた方が麺にスープが染み込むんちゃうの?」「無視して最初から全入れ。出来上がったらすぐ食いたいんだよ」

など、「ルール」を疑う書き込みが複数ある。

「先に入れると、麺がほぐれません」と注意書きがある製品もあるが、ではなんでほぐれないのか。上のスレッドなどでは、「浸透圧の変化」が原因だ、などといった解説もあるが、今ひとつ具体性を欠く。

実際に試してみたそうです

物は試しである。

実際にコンビニに出かけて同じカップ麺を購入し、片方には液体スープを「先入れ」、もう片方には注意書きに従って「後入れ」してみた。

タイマーが鳴り、ふたを開けると、「先入れ」側は脂が溶け残っているのが目につく。箸でかき混ぜるが、麺のほぐれが確かに悪い。口に運ぶと――うーん。味はそれほど変わらないのだが、食感が今ひとつよくない。食べ比べるとよくわかるが、少し硬いというか、芯が残っている感じがある。特に違いが顕著だったのはチャーシューだ。「後入れ」ではしっかりと柔らかく仕上がっていたのに対し、「先入れ」は明らかにパサパサしている。

総じて言うと、「先入れ」の方がおいしくない。やはり、食感の悪化は明確だ。味の方はそこまで著しい差はないが、あえてまたやろう、というようなものではない。

原因は「××」だった!

それにしても、気になるのは「違い」の理由だ。

日清食品ホールディングス広報部に尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。

「液体スープは、粉末では表現できない味などを出すために使われているのですが、そのために多くの場合、油分が含まれています。カップ麺は、乾燥させたものをお湯で復元するのが基本的な原理なのですが、先に液体スープを入れてしまうと、麺や具材の表面に油の膜ができてしまい、うまくお湯がしみこまなくなってしまうのです」

最近は、「10分どん兵衛」など、作り方をあえて無視する、あるいはアレンジするレシピが流行りだ。しかし液体スープだけは、メーカーの注意を大人しく聞いておくのが一番らしい。

posted by こばぴ at 18:10| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

紅茶スタンドが増加中

紅茶を提供するティースタンドチェーンが増えている。コーヒーと比べて、味わいのバラエティーに富んでいる上、見かけがきれいなものが多いのが特徴で、特に女性に人気が高い。大手コーヒーチェーンのタリーズコーヒーにも紅茶に力を入れた店舗が登場しているそうです

 2018年5月1日、タリーズコーヒージャパンは、紅茶メニューに力を入れた「タリーズコーヒー&TEA」を六本木一丁目にオープンした。17年10月に1号店となる「タリーズコーヒー&TEA横浜元町店」をオープンしており、今回は2店目。都心で働く女性を意識した、オフホワイトを基調とした内装になっている。



 「&TEA」では、タリーズで提供されているコーヒーメニューに加え、「&TEA」でしか味わえないティーメニューを14種類ほど用意している。特に注目なのが、5月1日に発売したフローズンタイプの新しいドリンク「TEA SMOOTHIE(ティースムージー)」。凍らせたフルーツをミキサーにかけ、紅茶とブレンドしている。


 「ベリーベリーアールグレイ」(税込み680円)はストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーといった3種の果実にアールグレイティー、はちみつをブレンドした。ベリー独特の酸味と甘みにアールグレイの香りが加わるおしゃれな味わい。「シトラスグリーンティー」(税込み740円)はブラッドオレンジジュース、ホワイトグレープフルーツに抹茶とはちみつをブレンド。かんきつの上品な酸味に加え、抹茶の香りと軽い苦みが飲み終わった後味を引き締める。組み合わせの妙にうなった。

 フレンチバニラロイヤルミルクティー(ホット、アイスとも税込み480円)もお薦めだ。テーブルに置いただけでもバニラのよい香りが立ち上がり、リッチな気分になる。甘さも適度でおいしかった。


 食べ物にも力を入れており、パスタは独自メニュー。さらに、六本木一丁目店では代々木上原で手作りパンを販売するMain Mano(マンマーノ)とコラボレーションし、「&TEA」限定のティーフードを提供している。代々木上原の店舗で作ったものを六本木まで運んでいるのだという。

■なぜ、紅茶に注目したのか?
 タリーズが紅茶に力を入れ始めたきっかけは、数年前にロイヤルミルクティーを季節メニューとして販売したこと。タリーズコーヒージャパン広報室の山口さほりさんによると「その際に客の反応がよく、通年用意してほしいとの要望があった」とのこと。その後ロイヤルミルクティーは定番メニューになった。

 さらに、「親会社である伊藤園から茶芸師の資格を持つ女性スタッフが入社したことにより、14年から紅茶専門のチームが立ち上がり、紅茶に本腰を入れるようになった」(山口さん)。同年5月にグレープフルーツのフルーツティーを期間限定で販売したところ、非常に好評で、季節ごとにフルーツを替えて提供するなど、フルーツティーも定番化したそうだ。

 こうした経緯を経て「紅茶に対してのニーズに手ごたえを感じ、紅茶に特化した店舗を構えることを決意」(山口さん)。17年の元町店、18年の六本木一丁目店へとつながった。


 タリーズコーヒー以外にも、良質な紅茶を手軽にリーズナブルな形で飲めるティースタンドが続々と登場している。以下ではロサンゼルスと台湾から3つのティースタンドを紹介する。

前へ 1 / 2 次へ
紅茶スタンドが増加中 味も見かけも進化形
青山本店の「ALFRED TEA ROOM」。1階が注文・受け取り口になっており、2階はゆっくりイートインができるカフェスペースとなっている
■LA発、セレブリティー御用達のティースタンド
 米国ロサンゼルス発の「ALFRED TEA ROOM」(国内運営はカフェ・カンパニー)は、17年10月31日に青山本店、ルミネエスト新宿店をオープンしたティースタンド。ドリンクメニュー開発には日本のティーマイスターである伊藤孝志氏が携わり、伊藤氏が世界中から厳選した茶葉を全てのティーメニューに使用している。店内はピンクを基調としており、ボタニカル調のドリンクボトルは持っているだけでも可愛らしい。ドリンクのほかに、スコーンなどのフードメニューも用意されている。


 アルフレッド ミルクティー(ボバ入り)はボバ(タピオカ)が入っているロイヤルミルクティー。高級アッサムを使用して香り豊かだ。

前へ 1 / 2 次へ
紅茶スタンドが増加中 味も見かけも進化形
「THE ALLEY LUJIAOXIANG」自由が丘店。イートインスペースが用意されている。営業は10:00〜22:00
■台湾発のティースタンド「THE ALLEY LUJIAOXIANG」
 「THE ALLEY LUJIAOXIANG(ジ・アレイ ルージャオシャン)」は台湾を中心にグローバルに展開しており、日本では表参道、渋谷、新宿、恵比寿、自由が丘に店舗がある。ミルクティーやストレートティーが基本メニューだが、黒蜜や黒糖、緑茶など日本の食材を使ったメニューが特徴。ドリンクの温度は「冷(Cold)」「温(Mild Hot)」「熱(Hot)」から選べ、甘さも無糖や甘めなど注文時に店員に伝えると調節してもらえる。

 「盆栽タピオカミルクティー」はアッサムミルクティーにココアクッキーをあしらえ、盆栽に見立てたユニークなもの。「ロイヤルNO.9タピオカミルクティー」はアッサムの茶葉にベリーの香りがする茶葉をブレンドした。タピオカは大きめで歯ごたえがよい。ドリンクの蓋がフィルムになっているのも特徴。持ち歩いてもほとんどこぼれる心配がなかった。

■紅茶のほかに複数の茶葉を使用した「Gong cha」
 06年に台湾で誕生し、現在世界中に約1400店舗を展開している「Gong cha(ゴンチャ)」は、日本に15年に上陸し、首都圏・関西圏に14店舗を構えている。「ジャスミン グリーンティー」「ウーロンティー」「ブラックティー」「阿里山 ウーロンティー」の4種類の台湾ティーをベースにメニューを展開しており、タピオカやアロエ、バジルシード、ナタデココなど豊富な種類のトッピングを選べる。茶葉によってお茶を抽出する温度や蒸らす時間を変え、抽出から時間の経過したお茶は一切提供しないことで、茶葉の香りの良さ、おいしさを保っている。

 メニューは豊富に取りそろえている。甘さは、「なし」「少なめ」「ふつう」「多い」から選べる。普段ストレートティーをよく飲んでいる筆者は普通を選んだが、あまり甘くなかったので、多めでも問題なさそうだ。ドリンクのほかに、パイナップルケーキやレモンケーキなど、Gongchaオリジナルのフードも販売している。
posted by こばぴ at 22:04| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

アイスクリームの日 サーティワンアイスクリーム

全国のサーティワンアイスクリームで、今年も5月9日の「アイスクリームの日」に、好きなアイスを100円(税込み)で販売するセールを実施する。

昨年は全国で約123万人が来店するなど、店舗に大行列ができて話題となりました

 サーティワンでは2016年から毎年この日を感謝祭と称して100円セールを実施しており、セールの対象は、レギュラーサイズのシングルコーンのみで、1回の来店につき1人1点のみ。カップでの購入や持ち帰りの包装は対象にならず、セールの実施時間は店舗によって異なるという。

 B−Rサーティワンアイスクリーム営業推進本部PR室長の三橋恭さんは「おすすめのフレーバー(味)は、綿菓子風味のアイスクリームにパチパチはじけるキャンディーを組み合わせた『ポッピンコットンキャンディ』。期間限定商品なので、感謝祭を機会に堪能してほしい」と話している。
posted by こばぴ at 19:13| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

金のワッフルコーン ミルクバニラ

セブンイレブンのスイーツは美味しいと話題にたびたびなるが、いま地域限定で販売されている『金のワッフルコーン ミルクバニラ』の味は素晴らしい。


お値段は300円とアイスクリームにしては高額なものの、北海道産のクリームとバターをふんだんに使ったワッフルコーンというセレブな組み合わせ。


量は一般的なソフトクリームとほぼおなじで、持ってみるとズッシリ重い。


まずフタを開けてみると、確かにワッフルコーンからバターの優しい香りがふんわりと漂ってくる。安物のコーンだと香りはまずしないが、コレは高級感ある香りがする。


次にアイスの部分を食べると、店で売られているソフトクリームのように柔らかくはないのだが、アイスクリームとソフトクリームの中間のような、独特の食感。

そして、ソフトクリームが口に入るとスーッ…と溶け、ミルクの濃厚なフレーバーが口いっぱいに広がる。


コンビニの冷凍庫にあるソフトクリームは、店売りよりも劣るイメージがあったが、この『金のワッフルコーン ミルクバニラ』はそれをくつがえす商品だ。

値段が値段なだけに毎回買うワケにもいかないが、たまのぜいたくに買うと、アイスクリーム好きならきっと満足できると思う。

posted by こばぴ at 07:27| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする