送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

2020年07月12日

庄司智春

品川庄司の庄司智春が、7月9日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、兄が11歳で亡くなっていたことを明かした。

 母から手紙が寄せられ、「お兄ちゃんがたった11歳で亡くなり、家の中が暗くなったとき、末っ子のあなたがいつも家族を笑わせようとしてくれてましたね」と記されていた。

 庄司によると、兄は学校のプールで倒れて亡くなったという。もうひとり兄がいるが、当時は、家族みんなが暗くなり「なんとか明るくなるようにテンション上げていた」と回想。

 庄司は高校卒業後、車の会社に1年勤めたが、吉本興業の養成所に入ることを決断。会社に謝りに行ったとき、同行した母は号泣していたという。

 庄司は「兄が若いときに亡くなっているので、兄の分まで好きなことをやらせてあげたいというのは両親の中にあったのかな」と告白。

 また母からの手紙には「私たち夫婦は海外に行ったことがなかったので、結婚式をハワイで挙げてくれて本当に楽しかった。(藤本)美貴ちゃんにも感謝ですね」と記されていた。

 庄司は「ずっと海外に行ってみたいと言っていたので、そういうきっかけでハワイに行けたのはよかった」と振り返った。

 藤本との間には、1月に3児が生まれた。初めての逆子で、帝王切開にならないように2人で「逆子体操」をして、最終的に外回転術をして自然分娩になったという。

 家族で出産に立ち会い、4歳の娘は「頭が出てる〜」と大はしゃぎ。庄司は「そっち行っちゃダメ」と娘を引き戻した話で笑いを誘っていた。

 今後について「家族でご飯を食べているときに、『幸せだな〜』って感じる。小さな幸せをみんなで感じて、明るい家庭にしていきたい」と明かしていた。
ラベル:庄司智春
posted by こばぴ at 09:00| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

山本裕典

俳優、山本裕典(32)らが出演した舞台「THE★JINRO−イケメン人狼アイドルは誰だ!!−」(6月30日〜7月5日、東京・新宿シアターモリエール)で、俳優とスタッフの計12人と観客2人の感染が確認されたようです

 同舞台の公式サイトや関係者によると、千秋楽翌日の6日に出演俳優、TAKUYAの陽性反応が確認されたため、保健所から濃厚接触者として全共演者とスタッフに自宅待機要請が出され、PCR検査を実施。山本をはじめ、松村優(24)、HONEY(36)、KOCKY、RYOらに陽性反応が出た。お笑いコンビ、はんにゃの金田哲(34)と吉本坂46の榊原徹士(30)は検査結果を待っている。

 山本の所属事務所によると、7日から倦怠(けんたい)感があったという。TAKUYAが感染した連絡を受けて8日に受診し、9日に陽性反応の連絡があったため10日に入院した。現在の症状について「倦怠感のみであり、安定しております。病院の指示に従い、治療に専念します」としている。

 また、6月30日昼公演の観客と7月4日昼夜2公演の観客からも陽性反応が確認された。同舞台では保健所の指示に従い、観客にマスク着用を徹底させ、劇場入り口にアルコール消毒液を設置。サーモグラフィーによる検温も実施し、座席の間隔を空けて最大収容数(186人)の半数以下にしていた。

 主催者は、観客で発熱などの症状がある場合、保健所などに相談するよう呼び掛けている。
ラベル:山本裕典
posted by こばぴ at 09:40| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

無許可ウルトラマン 勝訴

円谷プロが、同社の許諾なしにウルトラマンが登場した映画を巡る、中国上海市での訴訟に勝訴したと発表しました

 発端は2017年7月10日に中国で発表されたCGアニメ映画「ドラゴンフォース〜さようならウルトラマン〜(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」。当時のイベントやトレーラーにてウルトラマンのゲスト出演が告知されましたが、円谷プロはこの件に一切関与しておらず、許諾や監修等も実施していませんでした。

 問題を指摘されながらも、同年10月1日にドラゴンフォースが強行公開されたことを受けて、円谷プロは法的措置を明言。同作の制作会社「広州藍弧文化伝播有限公司(ブルーアーク)」等を相手に、著作権侵害行為の停止(同作の公開・放送・配信や関連する商業活動などの停止・破棄)や、損害賠償請求を求めて提訴しました。

 判決日は2020年6月30日。被告は「ドラゴンフォースはユーエム(※)の正規許諾を受けて制作した」と主張していましたが、裁判所は「ユーエムが持つウルトラマンシリーズの利用権が仮に正当なものであったとしても、その権利範囲に『キャラクター(または一定の改変を加えたキャラクター)を用いた映画の撮影』は含まれていない」と認定。藍弧等の行為が円谷プロの権利を侵害していると判断しました。

 制作会社等には、「ただちに本件著作権侵害行為を停止すること」「原告にもたらした悪影響を払拭するため、(裁判所の審査を経た)声明を発すること」「原告に対し、経済損失を賠償すること」との判決が下りました。円谷プロは「著作権法の基本原則に従って下された判決であり、当然の結果である」とコメントしています。
posted by こばぴ at 08:35| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする